チャレンジできるフィールドがある
「新しい製品やサービスを作り出していきたい」そんなことが出来る会社を探していました。当時、大学では化学を勉強していたので、化学業界と思っていましたが、ちょうど2000年のITバブルの時期の就職活動の中で、ITという業界を知りました。新しい製品やサービスを作るのに、化学業界より圧倒的なスピードで、世の中に新しいものたくさん出せるのではないかと思い、IT業界も視野に入れて、就職活動を始めました。
そこで、たまたま会社説明会に行ったエクスウェアでは、当時、東京本部長だった現社長の滝本が、次のステージに行くために、エクスウェアのオリジナル製品を作っていくんだと熱く語っていました。どうせ新しいことやるなら、最初の段階から出来るこの会社で頑張ってみたいという思いと、プログラムもしたことがなかったので、感覚だけですが、システム開発に関する技術力の高さを学生ながら感じ、入社を決めました。
顧客の想いを実現
プログラムの経験はありませんでしたが、入社当初はシステム開発の設計、プログラミング、試験など、システム開発の基本を先輩社員に教えてもらいながら実際の仕事をし、また同時に、IT全般の幅広い知識を増やすために、自分で勉強するという2軸で、知識や経験を増やしていきました。そうしていくうちにチームリーダー、プロジェクトリーダーとなり、部下の人数が徐々に増えていきました。
現在は、受注前の商談活動、受注後のプロジェクトの立ち上げ、プロジェクト管理が仕事の中心ですが、極々たまーにプログラミングをすることもあります。
世界から『最高』と言われるサービス
入社直後は、自社(自分)でオリジナルの商品を開発して、売っていきたい!と思っていました。
入社して十数年たち、まだまだ会社全体からみると売り上げは少ないですが、入社直後に描いた未来は現実的なものになってきました。もう一段、この事業を成長させ自社ブランドの商品の売り上げを50%に持っていくのが、当面の目標です。
この十数年の間にこの業界も色々変動がありましたし、この先も、いろいろ変化していくと思います。
もしかすると、ソフトウェア開発という業種自体、存在しなくなるかもしれません。
今までも、これからも、エクスウェアに根付いている新しいものに目を向け、耳を傾け、とりあえず試してみようという企業文化を守っていけば、そんな未来でも何か良いものをつくるエクスウェアは存在しているのではないかと思っています。
代田 淳平
Junpei Daita
趣味: サッカー、料理、スキー
座右の銘:
夢を見るがいい、試すがいい、失敗するがいい、成功するがいい。