規模以上のプロフェッショナル感
会社は小さいけど、仕事に対する情熱、責任感、プライドは小さくないぞと会社説明会と面接だけですが感じました。その感覚が自分とマッチして、ほぼ迷うことなくエクスウェア一本に絞りましたね。
そして入社してから、それは印象だけではなく本物だってことがわかりました。
ご要望を額面どおりに受け取るのではなく、その裏にある解決しなくてはいけない隠れた要望に目を向け、さらにお客様以上にシステムのことを考えて考え抜くその姿勢。あの時感じたことは間違いではなかったんですよ。
「1」のご要望から
「10」を提供する。
某大手企業のオフィシャルサイトの会員システムの開発をしています。お客様のご要望を聞き、それをシステム化するための設計、プログラミング、テストとシステム開発の全般を行っています。「1」のご要望を聞き、そこからシステムに必要な「10」までの要素を余すことなく考え出し、解決し、ご提供するところまでが我々の仕事です。時にはお客様へ改善をお願いすることも。問題があるシステムを作ってしまってはお客様にとっても私にとっても不幸なことです。この仕事はお客様の顔となるオフィシャルサイトであるため、責任の重さと緊張がありますが、その分やりがいがありますね。
5年後、10年後、20年後・・・。
5年後も事業内容は大きくは変わらないと思いますが、新しい端末の登場、新しいOSの登場、新しいインフラ環境の登場にあわせていち早く新しいサービスに向けて動いてるんでしょうね。
10年後もやはり時代に合わせて必要とされるもの、良いものを探しながら働いていくのかと思います。
業界のありかたもだいぶ変わるのかと思いますが、いいポジションにつけて走り続けてるでしょう!!
20年後・・・今までの過去20年から現在までの進歩からするとおそらく想像を絶する状況となっていると思います。・・・・・これ以上は考えるのをやめます(笑)。ともかく、今までのエクスウェアのDNAはそのままに「幸せを、もっと。技術で、きっと。」を追求していることを願っています。
・・・・・それから、ターミネーターの出現は必ず阻止したいですね!!(本気です!!)
清水 達哉
Tatsuya Shimizu
趣味:音楽鑑賞、写真撮影
座右の銘:信頼