N.K

エクスウェア

エンジニア

エクスウェア

たすけあい

仕事の内容

主に社内システムの改修を要件定義や設計の段階から関わって開発しています。 どういったシステムを構築したいか、どのような表示や操作が要求されるかを詳細にヒアリングし、それらの要求を実現するためのデータ構造・システム構造を設計します。 いわゆる上流工程といわれるこれらの工程は、「顧客が本当に求めているもの」を実現する上でとても重要ですが、要求は基本的に抽象的であることが多く、難しい工程です。 自分が培ってきたものが活かせる分野ではありますが、まだまだ至らないところを感じつつ日々研鑽しています。

エクスウェアの社員
エクスウェアの社員

誰かのためだからこそやりがいがある

一番やりがいを感じるのは、「誰かが使うシステム」をつくることです。 趣味でプログラミングをすることもありますが、自分のための開発とはまた違った楽しさがあります。 誰かが使うということは、常に利用者の目線で考え、利用者が何を求めているのかを念頭に入れて必要な機能を考える必要があります。 また、初めて画面を見た人でも理解しやすいデザイン・文言・操作手順も必要です。 こういったことを常に考えて、しっかりとしたシステムを構築しなければならないという責任感は大きいですが、自分がつくったものを誰かが使うこと、そして喜んでもらえることにはやりがいと楽しさを感じます。

エクスウェアの社員
エクスウェアの社員

常に初心者・非開発者の目線で

技術の研鑽はもちろんですが、それでも常に初心者・非開発者の目線を忘れないようにしたいです。 開発に慣れ、様々な技術や方法論を学べばより良いシステムを構築できるようになる一方で、専門用語や言語仕様・画面の操作方法などは知っていることが当然として考えがちです。 こういったことに慣れてしまうと、チームで開発する上で認識の齟齬が生じたり利用者から見て非常に理解しにくい画面デザインになってしまったりといった問題が発生します。 開発に関わることでなくても「相手に伝わる表現」を常に意識できるシステム開発者として成長していきたいと考えています。

エクスウェアの社員
BACK TO TOP